最近の婚活方法には「同じ趣味の人同士で出会う」というサービスが利用されています。
たとえばアニメが好きな方であれば「アニメコン」に行くことで、自分と同じアニメ好きな異性と出会えるチャンスが広がるのです。

アニメコンとはいったいどういうものなのか。
また、そこに参加するメリットや実際はどのような感じかをまとめました。

アニメコンとは

アニメコンはその名のとおり、アニメをテーマにした合コン・街コン・婚活パーティです。
一般的には婚活パーティを主催する会社が募集をかけ、集まった人たちで会話をするなどし、カップリング(マッチング)へと誘導してくれるもの。

一昔前までは社会的な地位が高くなかった「アニメ好き」というステータスが少しずつ認められてきていることから、こうした需要に対応したサービスが誕生しているんですね。

アニメコンに参加するメリット

さて、アニメ好きな方がアニメコンに参加するメリットにはどういったものがあると思いますか?

代表的なものは以下の2つです。

  • 同じ趣味の人と出会える
  • 会話が成立しやすい

一つずつ見ていきましょう。

同じ趣味の人と出会える

アニメコンに参加する人は、そのマニア度はさておき全員が「アニメ好き」です。
つまり同じ趣味の人と出会えることが確定しています。

パートナー探しにおいて、こうした限定的なパーティでもない限り、なかなか同じ趣味の人に出会うことは難しいですよね。
たまたま気になった人が自分の趣味を理解してくれない人だったとしたら、その人との生活を優先するために趣味を封印しなければならない可能性だってあるのです。

その点、趣味を理解してくれそうな人ばかりが集まる場所の中で気になる人を見つけることが出来た場合にはそんな心配をする必要がありません。

同じ趣味であれば、お金の使い方も似てくるかもしれませんし、趣味への理解度が深いと思います。
また、デートをする時や普段の会話でも趣味が同じであることはそうでない人に比べて楽しさが全然違うのは想像に難くないでしょう。

恋愛を重ねるフェーズも、その後の結婚生活を考えたとしても、趣味が同じである、または趣味を理解して貰えるということはこれだけのメリットがあるということです。

会話が成立しやすい

婚活パーティでは限られた時間のうちに多くの人と接しなければならない以上、一人の人との会話時間が短くなってしまいがちです。

そのため、普通の婚活パーティの場合はプロフィールカードに記された「趣味」などから自分が振れそうな話題を見つけ、会話を広げていくということを極短時間で行わなければなりません。

一方アニメコンのように、すでに趣味がわかっている人たちが集まっている場であれば会話が成立しやすく、すぐに盛り上がれる可能性がありますよね。
たとえば同じアニメが大好きな同士であれば、即ディープな話に持って行くこともできます。
逆にあまりよく知らないアニメや、気になっているけれどまだ観ていないアニメであれば、その魅力を語ってもらうことでその人の人と成りがわかるかもしれません。

そして普通の婚活パーティの場合だと20人ぐらいのバラバラな趣味の人と2~3分話して、その中から誰を指名するか・・・というのを効率的に行う必要があるため、マッチング指名もなかなかハードになってきます。
アニメコンであれば「どんなアニメが好きな人だったか」というのをメモしておけばだいたい把握できるはずなので、マッチング指名もしやすくなるでしょう。

アニメコンの実際

では実際にアニメコンに参加すると、どのような流れで進んでいくのかを解説します。
もちろん運営会社によって詳細は異なりますが、ここでは一般的な方法を記しますので参考にしてみてください。

まず会場で受け付けを済ませるとプロフィールカードと番号の書かれた名札が渡されます。
時間が来るまでの間にプロフィールカードに「好きなアニメ」などの情報を書いて待ちましょう。

ブッキングの時間が来ると、すべての異性と一巡して会話が出来るよう、運営スタッフの方に案内されます。
基本的には女性が席に座っていて、そこへ男性が次々と入れ替わって会話をしていく、という流れですね。

一人の方とだいたい2~3分ほど会話をしたら次の方のところへ・・・というのを繰り返し、全員との顔合わせが終わったら次にフリータイムがあります。
フリータイムでは先程の顔合わせで気になった方ともう一度会話をするチャンスです。

顔合わせの時点で誰が良かったかがわかるように番号と好きなアニメなどをメモしておくと良いでしょう。

フリータイムが終わったら気になる異性を数名(5名程度)紙に書き、投票を行います。
その後、運営スタッフが投票結果をもとにマッチングが成立した人を発表。
見事カップルとなった二人は連絡先の交換などをし、今後は個別に恋愛を進めていく・・・という流れです。

自分なんかがアニメ好きを語っていいのか?という心配は不要

こうした趣味コンの場合には「自分の好き度合い」を勝手に測り、参加を躊躇ってしまう方もいるようです。

実際に参加してみるとわかるのですが、参加者の中にはディープなファンもいればライトなファンも多数存在しています。
もしあなたがあなたよりもライトなアニメファンに出会った時に「そんな程度ならアニメファンとは言えない」と相手を罵ってしまうと思うなら、参加は辞めた方がいいかもしれません。

基本的には同じ趣味同士の人なので、そこらへんは優しく受け入れて貰えるというのが現状です。

そもそもアニメコンに集まる人たちの半数以上は、プロフィールカードに「ワンピース」「ハンターハンター」「進撃の巨人」といった有名どころを記載していたりするものです。
誰でもわかるようなアニメを書くことで「会話を広げようね」という意思表示をしているとも考えられますね。

あくまでアニメコンはディープな会話をしに行く場所ではなく、アニメ好き同士が出会えるような場所だと考えればもう少し気楽に参加できるようになるのではないでしょうか。