逃げ婚という言葉をご存知でしょうか。
もし今知らなくとも、あなたが結婚をしたいと思う理由が「今の困難から逃げ出したい」というようなものであれば、それは「逃げ婚」である可能性があります。

逃げるために結婚をしたいと考えるから逃げ婚。
そもそもうまく行かなさそうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

逃げ婚とはどういうものか?
また、その先に待っているのはどんな生活なのかについてまとめました。

逃げ婚とはどういうものか?

一昔前であれば、自分の望む望まないに関わらず親が(または上司が)決めた相手と結婚させられる・・・というような風潮が日本にもありました。
ですが、今の主流は恋愛結婚です。

恋愛をして、その人との将来を思い描いた末に結婚へたどり着くというのが一般的。
その期間が長短はあったとしても、何の為に結婚をするのかといえば、相手の人と自分の将来が幸せになるように結婚するのだと思います。

一方「逃げ婚」はというと、結婚する理由がこうした恋愛結婚とは根本的に違うのです。

自分のためだけにする結婚

逃げ婚は前述のとおり「今の困難から逃げ出したい」という想いから結婚相手を探し、結婚するというもの。

たとえば親からの干渉が酷く、結婚すれば逃れられるのではないか?と考えている人。
会社で仕事をするのが嫌で、結婚して家事をやって生きていたいと考える人。
友達がみんな結婚してしまい、自分だけ独身という状況に苦痛を感じて結婚を考える人。

こういったケースが逃げ婚の対象となります。

わかりますか?
あくまで結婚相手のことを考えているのではなく、自分のためだけにする結婚だと言えるわけです。

実はこういった逃げ婚をしてしまうと、なかなか結婚生活がうまくいかず、独身時代よりも苦痛を感じる可能性が高いのです。

逃げ婚の先に待つ未来

もしもあなたが逃げ婚をしてしまった場合・・・
はたして他者からの干渉はなくなりますでしょうか。
それとも仕事からは逃れ荒れるのでしょうか。
はたまた独身でないということで苦痛は消えるのでしょうか。

答えはNOです。

なぜなら、結婚しても他者からの干渉は続きますし、会社の仕事はなくなっても家事が待っていますし、独身であること以外にも様々な苦痛が日常には溢れているから。

要はこれ、考え方の問題なんですね。

結婚をしても他者からの干渉は続く

たとえば親からの干渉が鬱陶しいと感じて、結婚することで逃れようとしている場合。

たしかに結婚をすれば家から出ることが出来ますし、「あんたいつになったら結婚するの」みたいなお小言を言われることもなくなるでしょう。

ですが、今度は避けられない義理の親との付き合いも待っていますし、結婚先での近所づきあいでもお小言を言ってくる人はいるものです。
また、親にしてみたら今度は「子供はいつ生まれるの?」とか「たまには帰ってきなさい」とか・・・何かしら絡んでくることが止むことはありません。

結局のところ、親っていうのはそういう生き物だということ。
それをどう捉えるか、どうかわしていくか・・・というところがポイントで、あなたがそれを出来るようにならなければ結婚したところで状況は変わらないのです。

結婚しても仕事はある

また、今の仕事が嫌で結婚して専業主婦になりたいと思っている場合。

専業主婦になれば確かに嫌な上司からは解放されますし、満員電車にも乗らなくて済みます。
ですが、それはあなたがその世界しか知らなかったからこそ感じていた不満であり、専業主婦には専業主婦の苦痛があるのです。

たとえばパートナーが外で仕事をしている間、あなたは家で家事をしなければなりませんよね。
炊事洗濯、掃除などなど・・・やることはたくさんあります。

もし共働きであれば2人で協力して行っていたような家事があったとしても、専業主婦であればそれはあなたに託されることになるのです。

しかも専業主婦に土日祝日はありません。
パートナーが家でゴロゴロ休んでいる日だって食事を作らなければならないし、洗い物をしなければならないのです。

そのうえ・・・家事に対する賃金での評価は貰えないのが一般的。
毎日休まず家事という名の仕事をしていても、感謝されているのかすらわからないような状況に陥ります。

家庭によってはパートナーから娯楽費を与えられることがあるかもしれませんが・・・「仕事をしてないのに遊んでばかりいて・・・」というようなレッテルを貼られることを恐れて思うように遊べない、なんてケースも。

あなたがパートナーのことが大好きで、それを心から支えるべく専業主婦になりたいと思えるのであれば話は別。
ですが、もし「専業主婦なら外で働くよりは楽だろう」なんて安易に考えていると、結局はより苦痛を感じることになりかねないのです。

結婚してもさまざまな苦痛がある

そして当然のことながら結婚をしたって様々な苦痛が日々あなたに降りかかってくることに違いはありません。

私たちは他者と共存しながら生きていますよね。
人はそれぞれ違うので、みんな何かしら妥協したりすることで他者を受け入れているんです。

そんな状況にいれば、誰だって自分の想い通りにならないことというのはあり、少なからず苦痛に感じるでしょう。
大切なのはその時にどう感じるか、どう行動するかではないでしょうか。

相手に依存しようとして結婚しても、突然相手が病気になってしまい仕事ができなくなったら・・・あなたはどうしますか?

結婚すれば今の苦痛から抜け出せる・・・という考え方は非常に危険だということです。

最後に、私が以前上司から言われ、今でも常に意識している言葉を紹介します。

「うまくいったときは誰かのおかげ。うまくいかなかったときは自分のせい。」

逃げ婚をしてしまう人は苦痛や困難、失敗を他者のせいにしてしまいがちです。
でもそうした事象の裏には自分に至らなかったことがあるのかもしれません。

困難から逃げるように結婚するのではなく、ポジティブに自分と相手の将来を照らせるような結婚をしたいですね。