大学生になるとそれまでの規律に縛られていた生活とは一転し、自由な生活を送れるようになります。
学生であることに違いはないのですが、社会人と学生または大人と子供の中間である大学生は人生においてなんとも特別なフェーズです。

それまでは親元でしっかりと守ってもらいながら勉強やスポーツだけ頑張っていれば良かったので、「頭がいい」「運動神経がいい」というだけでモテた人も多かったと思います。
ですが、大学生になると勉強は勉強でも「社会勉強」が試される時期になっているんですね。

そのため、内にこもって研究ばかりしているような人よりは対外的に色々と活動している人の方が恋人ができる確率が高くなるのです。

では具体的に大学生はどうやって恋人を作っていくべきなのでしょうか。
以下にまとめました。

大学生が恋人を作るためには何をすべきか

誤解を恐れずに言いますが、私は大学生こそ恋をすべきだと思っています。

高校生までは言っても子供です。
その本分は勉強にあり、そしてゴールは受験戦争を勝ち抜くことにあると言っても過言ではありません。

ですが、大学生のゴールは(大学院に進む人以外は)その後の人生をも左右する就職活動を無事に終わらせることにありますよね。
そして就職活動を円滑に進めるためには「経験」が必要です。

それは何も「サークル活動でリーダーを務めた」とか、そういうことだけではありません。
「友人といろいろなことをして遊んだ」とか「いろんなアルバイトを試してみた」とか、なんでもかんでもが人生経験です。

当然そこには「恋愛」というものも入っており、これをした人としていない人では就職時の面談における言葉の重みが変わってくるでしょう。

・・・そういう利点を抜きにしても、社会に出る前に恋愛は経験しておいた方がいいです。
逆に社会に出て忙しい中で初めての恋愛を・・・と思うとなかなかうまくいかないものですし、場合によってはそんな暇もなく婚期を逃してしまうなんてこともあり得ます。

また、大学生は男女共に「恋人がいたらいいな」と思っている時期ですので、このチャンスを逃す手はないと言えますよね。

さて、それでは大学生が恋人を作るためにすべきことは何でしょうか。
具体的にはこういったことになります。

  • 容姿を整える
  • サークルに参加する
  • アルバイトを始める
  • 街コンに参加する
  • 恋活アプリを始める

一つずつみていきましょう。

容姿を整える

大学生になっても自分の容姿を気にしていない人というのは意外と多いものです。

私たちは子供の頃には自然体のままでも「かわいいねえ」と言われて育ちます。
そのため、いつまでもそれを引きずってしまい、大学生になっても自然体で自分がイケていると勘違いしてしまう人がいるのです。

普通は高校生、早ければ中学生ぐらいの頃には自分の容姿を意識し始めておしゃれをしていくもの。
最初はダサかったり、服に着られているような人でも、それを3年~6年繰り返すことで整った容姿になっていくはずです。

ですが、中・高ともにそういったことに無頓着だったり、前述の通り「自然体で行ける」と思い込んでしまっている人は大学生になってもダサいままだったりします。

男性だったら髪の毛を整えるのに整髪料すら使ってない、眉毛や鼻毛のセットができていない、自分に似合った服装ができていない・・・など。
女性ならそこにお化粧をしていない、笑顔が作れていない・・・なども挙げられますね。

実はこういったところを気にするだけで容姿レベルは一気に上がるものです。
「容姿」というとすぐに「生まれつき見た目がよくないから」とネガティブに考えてしまう人もいますが、よーく考えてみてください。

小さい頃は何もしなくても「かわいい」って言われてたわけですから、生まれつきよくない見た目なわけじゃないんですよ。
たいていの人はしっかりした髪型、服装に変えるだけでだいぶ印象が変わってくるものです。

それだけで異性から声がかかる確率は変わりますし、逆にこちらから声をかけてうまくいく可能性も高まってくるのです。

  • サークルに参加する
  • 容姿が整ったところで出会いがなければ始まりません。
    大学のクラスなんて知り合える人数はたかだか知れているし、そもそも取っている講義によっては接点がまるでない可能性も高いでしょう。

    そこで、自分から出会いを求めて動き出す必要が出てきます。

    一番簡単に出会える場所を作れるのは「サークル」です。
    特に他校とも混合で構成されているサークルなら出会いの幅が一気に広がります。

    そこで気になる人がいた場合、自分にあまりにも自信があるのであれば直接食事などに誘ってみるといいでしょう。
    だいたい3~5人に1人くらいは好意的な反応をしてくれるはずです。

    自信がなければ・・・というか、普通はまずグループでの交際から始めていくことをオススメします。
    たとえば6人ぐらいの小さい単位で遊びに行く、などですね。

    そこで自然と仲を深めていき、告白する・・・という流れが自然です。

  • アルバイトを始める
  • 大学生も卒業するためには勉強が欠かせませんが、社会勉強という意味ではアルバイトもしておくべきだと思います。
    社会の在り方を直接体感できる場所ですし、何しろ学びながらお金が貰える(しかもほとんど責任なし)という素晴らしい環境がアルバイトには与えられているのです。

    そしてお金も手に入りながら、異性と出会えるという特典もついています。

    この時、なるべく大手の企業でアルバイトをすると多くの異性と出会うチャンスがありますね。
    とはいえサークルよりも少ない人数としか出会ないかもしれません。

    それでも知り合った異性と友達になり、その人の友達を紹介してもらう・・・などの幅も広がりますので、やっておくに越したことはないでしょう。

  • 街コンに参加する
  • さらには高校生の頃には参加できなかったような街コン、合コンなどにも参加できるようになっています。
    だいたい18歳以上からというのが参加条件だったりするので、大学生になれば解禁されるわけですね。

    サークルやアルバイトもやってる人はだいたい目的が「恋人探し」だったりするんですが、街コンにはそれ以上に出会いを求めている人が集まってきます。
    ※もちろん恋人ではない出会い(=友達探し)という人もいますが、多くは恋人探しに集まっている人と言ってしまって問題ないと思います。

    お互いに恋人を求めている同士が集まって話をする場所なわけですから、恋人が出来る確率は他の場所での出会いよりも高まるというのは想像に難くないでしょう。

  • 恋活アプリを始める
  • もし「実際に会って話をするのが苦手」とか、「田舎の大学で学内やバイト先には出会いがない」というような場合には恋活アプリもオススメ。
    これなら家にいながら恋人探しが出来ますし、田舎に住んでいたとしても空いた時間に連絡を取り合うだけでOKなので時間的な制約もありません。

    ただし男性は毎月の登録料がかかるなど、学生には少しハードルが高く感じる部分もあるかもしれませんね。
    また、相手の顔が見えないですし、あまりに遠くの人と知り合っても長続きしないなど、いろいろなデメリットもある点には注意が必要です。