婚活を進めていく上でよくありがちな悩みの一つとして

「いい人なんだけど、なんとなく好きになれない」

というものがあります。

最初のうちは「この人はどうも合わないのかもしれないな」と思う程度で気になりませんが、婚活を続けていくうちに「この人も悪くないけど……」「この人もいい人なんだけど……」と次から次へと同じような「なんとなく好きになれない」という人が出てくると、「自分の理想が高すぎるのかもしれない」なんて不安になるもの。

「もしかしたらこの先好きになれる人は出てこないんじゃないか」なんて考えてしまうこともあるでしょう。

もしあなたの婚活に「いい人なんだけど、なんとなく好きになれない」というようなケースが多い場合、どのように対処していけばよいのでしょうか。

恋愛の感情とは分けて考える

実は婚活の場合、出会った相手を「好きになれない」というのは当たり前のことなんです。
婚活は恋愛とは根本的に違うため、仕方ないのかもしれません。

婚活をしていて「いい人なんだけど、なんとなく好きになれない」という状態になってしまう場合の多くが、過去の恋愛の情熱的な感情を引きずっていることに起因していると言えるでしょう。

過去に誰かを好きになった時の感情を思い出してみてください。
相手の事を考えるだけでも胸が熱くなって、メールや電話でのやりとりにドキドキしましたよね。

こうしたドキドキ感がないからこそ「好きになれない」と思ってしまうものなのです。

好きになれないと思ってしまえば、「付き合えないかも」「結婚できないかも」という発想に繋がるのも無理はありません。

結婚は「ドキドキ」とは別のもの

一方、恋愛においても「相手から好きになられた場合にはどこか冷静になってしまう」という方も多いです。
告白をされた時に「私は本当にこの人のことが好きなんだろうか?」「このまま付き合ってもいいんだろうか?」と考えてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

つまり、一般の恋愛においてもそういう感情を抱く場面というのがあるということ。

それでも、付き合う前に冷静だった人がその後もずっと相手に恋愛感情を抱かずにいるかというとそんなこともなく、「付き合っていくうちに相手のことが好きになっていく」というものもまた普通なことなのです。

むしろ婚活は一生の伴侶を探すためのものなので、恋愛のような一時のドキドキした感情に身を任せるのではなく、冷静に相手を見られる方がうまくいきやすいと考えましょう。

重要なのは以下の2点。

  • その人と一緒にいて苦痛ではないか
  • 一緒に過ごすことで幸せになれそうかどうか

結婚するということは多くの時間をその相手と一緒に生活することになるわけです。
ずっとドキドキしてしまう相手ではなく、「一緒にいて苦痛ではない」という感情が重要視されるのは当然のことですよね。

また、自分自身の「好き」という感情だけでは結婚生活はうまくいかない可能性があります。
財政的なこともあるでしょうし、結婚生活をどう思い描いているかという感覚の一致・不一致によっても変わってくるからです。

もちろん「相手を好きになれるかどうか」ということも大切ですが、婚活で相手を探す際には長期的な視点を持って、自分だけでなく相手も含めて「幸せになれそうかどうか」ということを考えることも重要でしょう。

「いい人なんだけど……」という人とはまず一定期間一緒に過ごしてみる

さて、ここからが具体策です。

もし数回会ってみて「いい人なんだけど、なんとなく好きになれない」というような場合、まずは一定期間を一緒に過ごしてみることをおすすめします。

相手の方には「まだ好きになれるかどうかわからないので、ひとまずお付き合いをする前に何回か会ってみたい」と正直に伝えましょう。

ここで相手が「今すぐ判断してくれないなら無理」というような人であれば、おそらくあなたに合わない人だったということでお断りして構いません。

並行して相手探しをする

この時点では「お付き合いをする前に何回か会ってみたい」という状態なので、厳密にはお付き合いをしていないことになります。

この際にできるだけ並行して婚活をするようにしましょう。

並行して相手を探すことで他にもっといい相手が見つかるかもしれませんし、逆に色々な人と触れることでまだ好きになれるかどうかわからない人の良いところが理解できるようになるかもしれません。
「並行して婚活するなんて相手に失礼だ」と思うかもしれませんが、一生添い遂げる相手を短い期間で探さなければならないと思ったら背に腹は代えられません。

実際にいくつもの婚活を並行して進めて……となると、かなり体力を使うことになるでしょう。
ですが、婚活においては年齢が重要視されることもあるため、時間は貴重なものです。

「一生のうちにこの期間だけ」と割り切って、無理のないペースで頑張ってみましょう。
※一部婚活サービスでは並行しての婚活が出来ない場合もあります。

判断期間は1ヶ月が目安

お付き合いできるかどうかの判断期間としては1ヶ月程度が目安です。

相手をあまりに待たせるのも失礼なので「1ヶ月以内に答えを出させてください」というのを正式にお伝えしてもいいでしょう。
その期間に食事に行く、ドライブに行く、動物園や水族館に行く……など、なるべく多くの種類の行動をするようにしてください。

色々な時間を一緒に過ごしてみることで「この人はこんなところが素敵だな」とか、逆に「こういうところが苦手だな」というのが見えるようになるものです。
また、相手の立ち振舞いもわかるようになり、お付き合いするに値するかの判断ができるようになるでしょう。

もし会う回数を重ねていくうちに「好きになれるかもしれない」「お付き合いできそう」と感じることができればお付き合いをし、そうでなければお断りをすればOKです。

(ダメだった場合)相手の何が良くて何がダメだったのかを考える

一緒に時間を過ごしてみて「やっぱりダメだった」というような場合、きちんと振り返りをすることも重要です。
理由もなく「なんとなくダメだった」とするのではなく、ノートや日記、スマホのメモ帳などに言語化をして振り返りましょう。

その際、例えば次のように「良かったところ」「苦手なところ」を分けてメモしておきます。

「良かったところ」
性格がのんびりしていて一緒に過ごす時間がゆったりしていた
集合時間は守る人だった

「苦手なところ」
飲食店で店員さんに対しての態度がすこし横柄なところがあった
お金に細かく1円単位で割り勘だった

こうして振り返ることで、次の婚活を行う時の判断がつけやすくなります。
また、「自分が相手のどんなところを重要視しているのか」というのもわかるようになってくるので、潜在的な「理想の人」に出会う可能性が高まることに繋がるでしょう。

婚活を続けていると、意外と自分自身の好みを知らないことに気が付くことがあるもの。
ダメだった婚活をしっかりと振り返ることで、自分が本当はどんな人を欲しているのかが明確になり、婚活のアンテナ感度も強くなると言えるのです。