男なら誰しもが一度「美人の彼女が欲しい」と思うものですよね。

ここでは美人の彼女を作る方法と、メリット・デメリットについてまとめます。

美人の彼女を作る方法

まず、ひとくちに「美人」と言ってもいろいろな捉え方があります。

お化粧をして綺麗に着飾った状態での美人なのか、それとも素の状態で綺麗な顔立ちをしている人なのか。

さらに言うとあなたが「美人だ」と思う人が、私や他の人にとっても同じように美人であるかはわかりません。
つまり自分にとっての美人なのか、世間一般的に言う美人なのか・・・というのも定義できない部分ではあります。

それぞれについて掘り下げていきましょう。

お化粧をして綺麗に着飾った美人を彼女にするには

まず、バッチリとお化粧して、綺麗な洋服やアクセサリーで着飾った状態で美人な人の場合。
当然自分が美人であることを自覚していますし、そうあることで他者からよく見られたいという願望がある女性です。

こういう方であれば、当然容姿を褒められるのは嬉しいですから、必ずどこかしらのタイミングで容姿をべた褒めしたいところですね。

ただし反面、多くの男性から「綺麗だね」と言われ慣れているため、通り一遍の誉め言葉では特に響かない可能性が高いでしょう。
何かしら印象に残るような褒め方をするのがセオリーとなります。

例えばその人の内面や趣味、所作などを褒めるようにし、「顔立ちが綺麗なだけじゃないんだね」のようにするなどです。
要は「美人なことは知ってたけど、それだけじゃなく魅力的だ」というような伝え方ですね。

印象に残るように、というと「〇〇さんってよく見たら美人だったんだ」とか「僕はそう思わないけど、みんな〇〇さんのこと綺麗だって言ってるよ」のように斜め上から攻めるようなテクニックを考える人もいると思いますが、こういうのは逆効果なのでやめておきましょう。
人間素直が一番です。

素の状態が綺麗な顔立ちの美人を彼女にする

次に、特に着飾ったりお化粧をしたりせずとも整った顔立ちの人の場合。

実は前者のようなお化粧×ファッションで美人な人というのは、悪く言うと「作られた美人」であることが多いです。
(ただこれはあえて悪く言っただけで、全く悪いことではありません。)

作られた美人というのは、例えばまつエクをするとか、フェミニンなファッションを取り入れるとか、意図的に笑顔を絶やさないようにするとかですね。
普通の男性ならこうした外観を観れば、そこそこの容姿でも「美人だ」と感じるものです。

ですが、中には天然の、本物の美人というのも存在しています。

そして(残念ながら)こうした美人はお化粧もろくにせず、おしゃれにも無頓着、不愛想だったりして大衆に埋もれてしまっていることもあるのです。
同じ素材だったとしても、眉毛が整っていない、ニキビっ面である、髪の毛もボサボサ、つまらなそうな顔をしている・・・というだけで相当ブスに見えるもの。

彼女たちは基本的に「綺麗だね」という言葉には慣れていないかもしれません。
ですが元々の顔立ちは整っているため、幼い頃などには「かわいいね」と言われ続けて育った可能性があります。

もしかしたら過去の栄光にすがって「自分は美しいんだ」という自負があるせいで容姿を気にしなくなってしまったのかもしれないですね。

話しはそれてしまいましたが、素の状態が綺麗だとしても特に着飾ったりしていないような美人の場合にはあまり容姿を褒めるようなことはしない方がよいのかもしれません。
というのも前者と違い「容姿を褒められたい」という欲望が全面に出ていないため、そのことを嬉しく思わない可能性があるからです。

もちろん女性なら誰でも「綺麗だね」と言われたら嬉しいだろうとは思いますが、それよりも気づいて欲しい部分があるのではないでしょうか。
そういった部分を見つけてあげることが出来れば、彼女にするチャンスに繋がりそうです。

自分にとっての美人を彼女にする

芸能人など、世間一般的に美人とされている人っていますよね。
わかりやすく例を出すと、広瀬すずさんとか、石原さとみさんなど・・・100人いたら100人が美人だと回答するであろう人です。

そうではなくて、世間の評価が低くとも自分には輝いて見える女性という人に出会ったことはありませんでしょうか。
人間は育ってきた環境や遺伝子によって美的感覚が異なりますので、「世間一般には普通の容姿だけど、俺にとっては美人だ」という女性が存在するのは不思議なことではありません。

さて、もしそのような場合であれば容姿を褒めるというのは得策でしょう。
特に普段言われ慣れていない方であれば、尚更あなたのことが気になるのではないかと思います。

たとえば「〇〇さんの顔立ちって大好きなんですよ」とか。
難しいのが「〇〇さんのような見た目の方ってタイプなんですよね~。」とかだと、「じゃあ同じような顔の人に出会ったらそっちでもいいの?」と思われ兼ねないところでしょうか。
(普通はストレートに受け止めて貰えると思いますが・・・)

とにかく女性は褒めてあげてほしい

全タイプに共通することですが、女性の事はとにかく褒めておいて損することってないと思います。
褒められて嫌だという方がいれば、きっとその方が特殊なだけ・・・と思った方がいいでしょう。

かといって「褒めておけばOK」ということを言いたいわけではありません。

女性って実は男性に比べて何倍も努力されてる方が多いんですよ。
例えば男性の場合は多くがムダ毛をそのままにしていますが、女性だとあまり見かけないですよね。

また、男性はほぼ100%の人がすっぴんで行動していますが、女性で全くのノーメイクのまま外出をする人というのも少ないです。
(もちろん近所のコンビニにちょっと行くだけだからすっぴんで・・・とかはありますが)

このように普段から男性よりも努力しているんだということを素直に認めてあげて欲しいんです。
それだけで女性に対するリスペクトにも繋がりますし、あなたが言う「綺麗だね」という言葉にも重みが出ると思うので。

美人もブスも同じ?

ここに書いた「方法」というのは、あくまでも「そういうやり方もある」ということを書いたに過ぎません。
相手は美人である前に一人の女性です。
つまり「確実に彼女にできる唯一のテクニック」なんてものは存在しないのです。

これは美人に限った話ではありません。
どんな女性、いや男性だったとしても同じこと。

自分の意中の異性を射止めるのであれば、自分を磨き、相手を尊重し、好意があることを匂わせたうえで適度な距離感で接していく・・・ということは不可欠だと思います。

それでもうまくいくこともあればうまくいかないこともあるというのが恋愛の難しいところですね。

美人を彼女にするメリット・デメリット

ところで美人を彼女にするといったいどんないいことがあるのでしょうか。

一つ確実に言えることは「毎日が楽しくなる」ということでしょう。
美人な人には相手を幸せにする力が備わっています。

男性なら美人な女性に微笑みかけられただけで幸せホルモンのオキシトシンが多量に分泌されるのではないかと思うぐらい多幸感に包まれるものです。

また、世間一般に美人と言われる人を彼女にできた場合、みんなに自慢できるというメリットもあるかもしれませんね。

ですが、逆に言うと美人が彼女であることのメリットはこれだけしかありません。
むしろデメリットの方が多かったりもするのです。

気苦労が絶えない

まず挙げられることとして、美人の彼女を持つと「気苦労が絶えない」というのはよく聞く話でしょう。

要するにライバルが増えるわけですね。
あなたという彼氏がいたとしても、そんなことは関係なくアプローチしてくる男性なんて山ほどいるのです。

もしあなたよりも魅力的な男性と彼女が出会ってしまったら?
その時に絶対に誰よりも負けないような関係を彼女と築けている自信はありますでしょうか。

また、正式に歩み寄ってくる異性だけではなく、性犯罪の対象となりやすい可能性も美人な人の方が上がりやすいでしょう。
軽いものでいえば会社の飲み会なんかで上司からのセクハラを受けて帰ってくる・・・なんてことも考えられます。

こうした時にあなたがどう受け止められるのか、というのもゆくゆくは試されることになるわけです。

いつまでも美人とは限らない

次に、美人な女性はいつまでもあなたにとっての美人であり続けるとは限らないということも挙げられます。

これは芸能人などを見るとわかりやすいですね。
若い頃には一世を風靡した美人の女性でも、やっぱり40歳、50歳を超えてくるとそれなりの容姿になってきます。

もちろん美人であることに違いはないのですが、あなたが情熱を注いでいるのは今の時点での彼女であって、年を重ねて違う容姿になってしまった彼女ではないはずです。
つまり「今の容姿が好きだ」という理由だけで付き合い始めると、すぐに綻びが出てきてしまうかもしれないということ。

もし容姿が劣化するなどがなかったとしても、「美人は三日で飽きる」という言葉がある通り、あなたの心境が変化してしまう可能性だってあり得ます。
例えばいま美人だと思っている彼女よりも、もっともっと美人な人があなたの前に現れたとしたらどうでしょうか。

このように容姿だけで判断してしまうことは将来的なことを考えるとあまり良いこととは言えないんですね。

それなりにお金がかかる

そして美人が美人であり続けるためには少なからずお金がかかるものです。
たとえば3ヵ月に1度しか美容室に行かないような女性よりは月に2度程度髪の毛を整えて貰っている女性の方が美しいですよね。

美容室代だけでも単純に6倍の差が出ていることになります。

他にもメイクアイテムや洋服など・・・美しい人ほど本当にお金がかかっていると思った方がいいでしょう。

そんな彼女の美しさを保てるかどうかに、今後はあなたの財産も関わってくることになるんです。
もちろん美容代を請求されるなんてことはないと思いますが、その代わりにあなたが食事代やレジャー費を出すとか、一緒に生活するようになれば生活費の一部だって男性が多めに負担すべきです。

美人とあなたは決して平等ではないということを覚悟しておいた方がいいかもしれません。

美人な彼女とはどこで出会う?

さて、いろいろと書いてきましたが・・・今現在気になっている美人な女性がいるのでなければ、「美人の人と出会う」ということがクリア出来なければ話になりませんよね。

出会いの場はいくつもありますが、特に「美人が多く集まる場所」というのはありません。
もちろん出会いを全面に押し出していない場であれば、お金が集まるところには美人も多く集まる傾向にはあるそうです。

もしあなたが特別お金持ちでもない限りは、多くの「美人ではない人」の中から輝く一人を見つけ出す努力が必要となります。

ではどうやって出会うかというと・・・いろいろな出会いの数をこなすしかないでしょう。

それは例えば街コンや合コン、婚活パーティなどに頻繁に参加するとか、恋活アプリで片っ端から探しまくるなどです。
そうしたサービス利用者の中にも必ず一定数の美人は存在しています。

たとえば1回のパーティで美人な人が1人だけいたとすれば、10回こなせば10人に出会えるわけですよね。
10人に声をかけて1人だけ好感触が得られるのであれば、100回のパーティに参加すれば良いという計算になります。(実際にはここまで単純ではないと思いますが)

逆に、たった1回のパーティに参加しただけで「美人の人に出会えなかった」と落ち込んでしまうようでは美人の彼女を作ることなんて到底不可能だと思った方がよいでしょう。