現在、素敵な人と出会えていない方の中には「自然に好きな人を作りたい」「自然な感じで恋に落ちたい」と考えている方も多いと思います。

ですが、社会人になると「職場に異性がいない」「周辺に適当な出会いがない」というようなことも多く、自然な出会いを求めてもなかなか機会がないものです。

そんな時に頭に浮かぶのが「お見合い」ではないでしょうか。
日本では古くから行われている慣習であり、実際に私の周りにもお見合い結婚をされたご夫婦がたくさんいます。

自然な出会いではなくなってしまうため嫌悪する方もいるかもしれません。
ですが、お見合いを知ることやお見合い結婚をされたカップルの話を聞くと、実は出会いが自然かどうかというのはそこまで重要ではないということに気づかされます。

そこで今回は、お見合い(またはそれに近い出会い)の方法と、それらの違いについてまとめていきます。
また、なぜ自然な出会いであることが重要ではないのかについても触れますので、参考にしてみてください。

「お見合いしたい」という時に取れる手段まとめ

お見合いをしたいと思った時にはどのような方法があるのでしょうか。
以下にまとめました。

家族や親戚に紹介してもらう

お見合いと聞いた時に誰もが思い浮かべるのが、家族や親戚、会社の上司などに紹介してもらうというパターンでしょう。
これこそが日本で古くから行われている慣習で、私の周りにも多くのお見合い結婚者がいます。

今ではあまりこうした慣習がなくなったように感じる方もいるかもしれませんが、実際にはまだまだこうした親戚縁者の繋がりでお見合い・お付き合いをするということは多いものです。

こうしたお見合いのメリットは、家族・親戚の紹介なので「紹介される人の”人となり”がある程度保証されている」ということに尽きるでしょう。
お互いの体裁もありますので、あまりに変な人を紹介されるということは考えられません。

また、一般サービスを利用するわけではないためお金がかからないという点もメリットに感じられる方もいるかもしれませんね。

ただし、こうしたメリットの反面、「家族・親戚の紹介なので断りづらい」といったデメリットも挙げられます。
どんな理由にせよ、お見合いとして紹介された縁を断るのは相手方の面子に関わるからです。

もし親戚ではなく会社の上司や取引先からの紹介であれば、一度受けた以上は断れないと思った方がいいかもしれません。
(とはいえ、実際にはお見合いから即結婚というわけではありませんので、「会ったはいいが、やっぱり自分とは合わなかった」という理由で断ることもあるでしょう。)

お見合いの場合、両者ともに結婚を前提として紹介されているため、一番結婚に近い出会いになると言えますね。
家族や親戚、会社のつてなどで紹介してもらうことに抵抗がなければ、手堅い方法としてオススメです。

結婚相談所に申し込む

古くからのお見合いは親戚縁者や職場の繋がりなど、「知人ありきで結婚相手を紹介してもらう方法」なのに対し、特に知人に頼らずともできるお見合い方法を提供しているのが「結婚相談所」です。

お見合いだとどうしても紹介してくれる人がいなければ成立しません。
そのため「お見合いしたいけれど、どうすればいいかわからない」という人なら結婚相談所に登録するのが一番の近道と言えるでしょう。

また、こうした有料の婚活サービスというのはいろいろな種類がありますが、結婚相談所なら男女ともに一番結婚についての真剣度が高いという特徴があります。

結婚相談所は専門のカウンセラー(アドバイザー)が担当に付き、同じ相談所のネットワークに登録されている異性の中からあなたの理想に近い相手を探してマッチングしてくれるサービスです。
紹介された方と1対1での食事などを通して親睦を深めていき、最終的に結婚への道筋を描いていけるため、「現代版のお見合い方法」と言っても過言ではないでしょう。

もし紹介された方が自分に合わなくとも、親戚などの紹介ではないため、お断りするのも従来のお見合いに比べて容易です。
かといって軽い「出会い系」のようなサービスではないので、真剣に結婚を考えている人が集まりやすく、かつ社会的背景などの確認が取れている方しか登録ができないなども利点として挙げられます。
※結婚相談所では身分証明書はもちろんのこと、独身証明書や収入証明など細かい部分のバックグラウンドを求められるため。

デメリットは金額面かもしれません。
結婚相談所の場合、一般的には入会料と月額料金、そしてお見合いが成立した際の成約料が費用として発生します。
その額が他の恋活・婚活サービスと比べると高めに設定されているのです。

ただし、一見高額に見えるサービスでも出会いが保証されている点や、相手の身分がしっかりしている点、アドバイザーによって理想の相手に近い方を紹介して貰える点などを考えると、コストパフォーマンスは悪くないと言えるのではないでしょうか。
実際に私の知人も結婚相談所を通じて結婚していますが、理想と近い相手に出会うことができ、とても幸せそうな結婚生活を送っているので、相応の金額を支払うだけの価値はあったと言えそうです。

婚活パーティーに参加する

結婚相談所よりもライトなお見合いの場が婚活パーティです。

婚活という言葉は最近よく耳にするようになりましたよね。
それだけ出会いが少ないということを物語っており、結婚のための活動をすることが一般的になっていることを意味しています。

婚活パーティはパーティを主催する会社があり、そこに集ったメンバーで順番に数分ずつ会話をし、お互いが指名した同士をマッチングしてくれるというもの。
街コンの派生形のような形ですが、結婚を意識した相手が集まるという点でやや真剣度が高いと言えます。

カップルになれるかどうかはさておき、必ず異性と出会えるという点にメリットがあります。
結婚相談所に比べると一回あたりの参加費用もとても安価なので、気軽にできるお見合いといった位置づけで考えてもいいでしょう。

ただし、異性と接触ができる時間が本当に短いことや、マッチングしない限りは連絡先の交換すらできないなどのデメリットがある点に注意。
古くからあるお見合いや、結婚相談所などのように、しっかりと二人きりで話し合ってお互いを知っていくことはできません。

会場にいる多くの人の中から、気になる異性にとってのベスト3ぐらいに選ばれないとマッチングすらしないため、ある程度行動力がある人向けのお見合いサービスと言えそうです。

婚活サイトはお見合い願望のある人には不向き

実際に会って婚活するのが苦手な方や、忙しくて時間がない方は、インターネット上での簡易お見合いサービスとも言える「恋活・婚活アプリ(サイト)」を利用するという手もあります。

仕組みは異性との出会いに特化したSNSのようなもので、ウェブまたはアプリで自身のプロフィールを登録し、気になる相手を探してメッセージを送るというものです。
そこからメッセージでのやりとりを重ねて、実際に会うことになり、そこからお付き合いがスタートしていく流れになりますね。

こうしたサービスは非常に手軽なものの、実は「お見合いをしたい」という風に考えている人、真剣に交際をしたいと考えている人には不向きです。

というのも、登録している人の属性として「軽く出会いたい」という人が多いため。
もっと極端な人になると「遊び相手が欲しい」という人だけもいます。

もちろん、登録している人の中には真剣な交際を考えている方もいるのですが、どの人が真剣なのかを判断するのは匿名サービスであるという点を考えても難しいでしょう。
また、その他のお見合い方法に比べて「出会いの確実性」が少ないという点もデメリットになります。

自然な出会いにこだわる必要はない

お見合いをしたいと思う人の中には、まだまだ「自然の出会い」をあきらめていない方も多いことでしょう。
でも、冒頭でも触れたとおり、自然な出会いかどうかというは全くもって重要ではありません。

なぜなら、本文中にも書きましたが、私の周りにも多くのお見合い結婚者、結婚相談所利用者がいて、みなさんとても幸せそうだからです。

結婚までの流れは「好きになる」「付き合う」「結婚する」というものだと思われるかもしれませんが、それはあくまで一つの形にすぎません。
実は「付き合う」「結婚する」「好きになる」というプロセスを経ている夫婦もたくさんいらっしゃるのです。

特にお見合いの場合、結婚後の生活が恋愛結婚者よりも楽しいという話もあるのをご存知でしょうか。

恋愛結婚の場合、付き合っている期間にだいたいの楽しいことをしてしまうため、現実を突きつけられる結婚生活では苦痛が多く感じられるようになるんだとか。
一方お見合いの場合、結婚してから一緒に行動を共にすることが多くなるので、結婚後の楽しみがたくさんあるということなんですね。

そもそも自然な出会いと言ったって、たかだか自分の狭い交友範囲で知り合った人の中で一番気が合う人だったというだけのこと。
その出会い方とお見合いでの出会いに優劣なんてあるわけがありません。

行動は早いほうが有利

もしお見合いをしたい場合には、行動は早い方が有利になるでしょう。
なぜなら今が人生において一番若い時だからです。

ここから何もせずに5年経過するのと、お見合いを繰り返して5年経過するのとでは出会いの数も全く違ってくるのは当然のことですよね。
もちろんただ待っているだけで自然な出会いというのがある可能性も否定はできません。
ですが、ポジティブに自ら出会いに向けた行動をとることはそのまま出会いに繋がってくるものです。

実は出会えない人のほとんどが「まだ自然な出会いが転がってくるに違いない」と考えて二の足を踏んでしまっています。
自然な出会いがあろうとなかろうと、行動をし続けた方が自分にとって有利に働くのは言うまでもありません。

また、特に女性の場合には若いというのがどうしても利点になってくるものです。
人生において一番若い時である今を大切に、いい出会いをしていきたいですね。